FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Comment (-)

冬でも除湿機が手放せない家

気温が高くムシムシしていて湿度も高い夏ですが、冬に除湿機が手放せないという住宅に住まう方も中にはいるようです。


乾燥気味というかむしろ過乾燥になりかねない冬でもカビが発生する程、湿度が高い住宅とは困ったものです。


湿気が高くなる原因は実はたくさんあります。


例えば洗濯物を室内で干していたり、観葉植物を育てていたり、熱帯魚などを育てる水槽があったりと湿気を出すものは以外と多くあります。


もちろん床下などで排水管や水道管から水が漏れていたり、雨漏りなども湿度が高くなる要因の一つですが、これらは根本的な問題なので、水漏れや雨漏りしていたら湿度が高くなるは当たり前ですよね!


そしてなんだかんだで湿気を出すのが「人間」です。


たくさん人が集まった時などは住宅内というか室内の湿度がかなりあがったりしますし、人が多いとモワっとして湿気てる感じしませんか?


人間の体は65%程が水?で出来ているので、湿気が出るのは納得できます。


冬は本来、ある程度換気されていれば湿度の低い外気が室内に入ってくる為、湿度が下がりがちですが、それでも湿度が高いという事は洗濯物や水槽のほかにも換気と止められているのでは?と思ってしまいます。


24時間換気がされていれば以外と湿度は下がると思うのですが、寒さ対策として換気を切る人は多いのではないでしょうか?


工務店やハウスメーカーすべてを確認した訳ではありませんが、基本的に住宅関連の人は安易に『寒い時、換気を止めて下さい』とは言わないはずです。


そもそも法律で24時間換気が定められているので、わざわざ住宅を建築または購入した人へ工務店やハウスメーカーの人間が寒い時は切って下さいなんて住宅を建てる人間側からすると決して言える事ではありません。


しかし、以外と『寒い家を暖かくする方法』や『寒さ対策』、『家が寒い理由』などで検索してみるとたまに何も知らない方なのか?住宅関連の方でないのか?安易に24時間換気がついているから寒いのです・・・であったり、寒い時は止めた方が良いです!と言っております。


24時間換気はシックハウス法に基づいて定められている義務であり、止めたからと言って良い事はありません。


確かに寒さは生死に関わる問題なので、度を過ぎる場合は止めるほかありませんが基本的にはつけておかなければいけないものですので、換気の重要性をしっかりと理解してON・OFFを使い分けましょう!


以上、冬でも除湿機が手放せない程、湿度が高い家は、住宅の性能以外にもその他の要因があるのではないかと思います。


冬も安定した除湿能力のあるゼオライト(デシカント)タイプの除湿機もオススメ致しますが、その前に換気と止めているなどの考えられる要因もしっかりと考えてみましょう!


ちなみにゼオライト(デシカント)タイプのオススメ除湿機はこちら!


【新品・送料無料!延長保証受付中】パナソニック F-YZJX60-S [シルバー]


楽天でもこの除湿機の在庫が以外と少ないので、検討中の方はお早めに! パナソニック製:F-YZJX60


もし良ければコメントにご相談いただければ出来る限り、お返し致しますので気が許せる方は是非、コメント頂ければと思います!


ではお待ちしております!







管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。