FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Comment (-)

調湿する内装壁材や床材について

最近、「調湿」に注目が向いているのか「調湿する内装材」が多く出回っております。


そのうちの1っがLIXIL(リクシル)から販売されている調湿する内装壁材「エコカラット」です。


これらの壁材や床材などは、人の目には見えない小さな穴(孔)が空気中の湿気(水分)が分子?と同じくらいの穴が空いている為、毛細管現象という原理を使って湿気を吸着。

※「毛細管(もうさいかん)現象」とは、ジュースの入ったコップにストローを入れるとストローの途中まで
  ジュースが上昇してきます。これと同じ原理で湿気を吸着するのです。


湿気は、湿度の高い方から低い方へと移動する原理(温度なども関係しますので厳密にはもっと複雑な動きになる場合があります)を使って、室内の湿度が低い場合には抱えていた湿気を室内へ放出。


そうする事で住宅内を「調湿」するという事になります。


この吸放出は自然に起きる現象ですので、除湿機のように湿度を設定して除湿ON・OFFをするように湿気の吸着・放出する事は出来ません。


しかし、「調湿効果のある壁材」として見るとデザイン性も豊富なので、住宅に使う場合はメリットしかありませんので、ご検討中の方は是非、使って見て下さい。


ただし、一つだけ理解しておかなければいけない事があります。


それは季節や温湿度環境によって左右されると思いますが、いずれ「飽和状態」になるという事です。


調湿効果のある壁材だからと言って、何もせずにいると夏場は特に高温多湿の地域に住まわれている方でしたら、「換気などの対応」や「除湿」が必要です。


では飽和とは何か?といいますと・・・・


空気で例えますが、ある一定の空気が含む事が出来る湿気(水蒸気)の量には限界があります。


それは「温度」によって含む事が出来る量は増加しますが、温度が低くなれば含む事が出来る量は減少する為、限りがあります。


これを「飽和水蒸気量」と言います。


この空気が含む事が出来なくなった湿気(水分)がどうなるかといいますと「結露」として湿気(気体)から結露水(液体)へと状態変化する訳です。


したがって、「飽和」とは調湿壁材がいくら湿気を吸着するからと言って、換気で空気を入れ替えたり、除湿機を使用して湿度を出来るだけ快適な状態に保っていないといずれ壁材が湿気を吸着しきれなくなるという事です。


高温多湿の地域では窓を開けて換気を行うと、新たに湿気を多く含んだ風が室内に入り込みますので、こういった壁材や床材で調湿効果のある建材を利用する場合には気を付けなければいけません!


簡単に「換気して下さい!そうする事で湿気は放出されますので、いっぱいになる事はありません。」なんて嘘です。


地域性を考えなければ、室内よりも湿度の高い空気が室内へ入り込んでくる事が考えられます。


窓をあけての換気は余計に湿度を高くする可能性があります。(※空気を入れ替える事は大切です。換気本来の重要性です。)


こういった調湿効果を持った壁材や床材などを利用される事は、メリットのある事ですし快適な住環境には必要不可欠なものですが、使い方を間違うと余計に湿気に悩まされる事にもつながりますので、ご注意下さい!


どんなに良い製品でも使う人側に知識を必要とする場合がありますので、しっかり調べて利用しましょう。






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。